初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

【起業】物販でビジネスする上でこれだけはやってはいけないこと【経験談】

Category: Tags:

 

自由に仕事をしたいなら起業という選択肢。物販で長期にビジネスをするならこれだけは避けたい

この記事を読むための時間:3分

自己紹介の記事でも紹介していますが、私は高度の聴覚障害持ちの難聴者で普段は口話と手話を併用してコミュニケーションをとっています。

 

難聴は聾(ほぼ聞こえない)と健常者の中間の位置です。難聴者あるあるで口話はある程度出来るけど、聴力は健常者と比べて聞こえにくいので、騒がしい飲み会・会議・打ち合わせなどの騒音があり広い場所は本当に聞こえにくいのでストレスです。

 

たまに聞こえてないのに聞こえてるフリをしてしまって、後で怒られることがたまにありますよね?これは難聴者の方であれば誰しもが経験している悩みだと思います。

 

難聴者である私は2つ会社で経験して考えた事は、従業員と一緒に仕事すると耳の関係でコミュニケーションが難しいので、ずっと続けるのは精神的に難しいと考え、それなら自分がトップになって事業を興せばいいという結論に至りました。いわゆる個人なら代表社員、法人なら社長になるということですね。

 

 

 

難聴者のサイト運営者カケルの自己紹介は下の記事からどうぞ!

ひとり社長になって自由な生活を目指す高度難聴の聴覚障害者カケル

 

私が経験した物販で長期的なビジネスに向いてない起業

 

 

失敗したビジネスマン

 

 

①ポイントせどり

 

 

私は事業を興せばいいと分かったのはいいけど、世の中に多数あるビジネスの中でどれをやればいいか分かりませんでした。最初は敷居が低く誰でも始めやすいポイントせどりを学びましたが、結果的に

 

 

 

・リサーチが大変

 

・商標権侵害のクレームがくる(対応に追われるので精神的にしんどい)

 

・利益はポイント部分が多いので、キャッシュ(資金)が増えない

 

・敷居が低いのでライバルが多い

 

・相乗りで価格競争が起き、利益が減る

 

 

 

と判断して撤退しました。すぐ売上は上がるので売れる実感を得たい方にはいいかも知れません。

 

 

②中国輸入ノーブランド品物販

 

 

次は中国輸入のノーブランド品を納品まで代行するサービスを提供している会社の営業電話があり、相乗り・商標権侵害に悩んでいたのでこの手法はせどりのデメリットがないと当時は判断しビジネスをしました。

 

やっていくうちに、

 

 

 

・相乗りはないが、同じ商品が並び結局せどりと同じで価格競争になり利益が減る

 

・商品にブランド刻印がないので、真似される

 

・中には全然売れない商品もあり、広告費や在庫保管手数料がかさむ

 

・販売したては広告費を使うのが前提なので、最初は経費がかかる

 

 

 

と考え、誰でも簡単に真似されるので長期的なビジネスには向いてないと判断します。

 

この地点で貯金と日本政策金融からの融資併せて500万円程使いましたが、せどり・中国輸入のノーブランドビジネスは赤字でした。

 

本業でやるのはオススメしません。経験上副業で小さくする程度に留めた方が無難です。

 

 

私が長期的に安定すると考えたビジネスは?

 

 

ブランドロゴ

 

 

オリジナルブランドの物販です。

 

ただジャンルを見極める必要があります。例えばアパレル関係はYoutuberが知名度を使って服とかグッズを販売してるのが増えており、かなり激化しています。正直、知名度には勝てないのでオススメしません。

 

私はアウトドアは好きですが、商品はそんなに詳しくありませんでした。ですので、初心者でも失敗しないという商品をお手頃な価格で販売するのを1つのコンセプトにしています。

 

要はオリジナルブランドのコンセプトをしっかり確立することが大事だと思います。

オリジナルブランドのデメリットは仕入価格が高いということです。型を作るので最低1,000個とかが基本なので、資金が少ないと出来ないビジネスです。

 

 

 

私も使っている無料でネットショップを作れるストアーズ【stores.jp】はこちらからどうぞ!

 

 

 

私のKAKERU公式ネットショップはこちらからどうぞ!

 

 

 

最後に

 

 

先程紹介したポイントせどりと中国輸入のノーブランド販売は誰でも出来ますが、真似されやすいので長期的に安定したビジネスではありません。実際に経験して分かりました。

 

オリジナルブランドはせどりとかよりも真似されにくいので、自分のブランドを持ってみたい、資金に余裕のある方は集客をしっかりやれば長期的に安定するビジネスの1つになります。

 

自分のブランドを宣伝するためにはAmazonや楽天市場だけでは難しいと思います。自分の資産になるサイトを持ってた方がいいと思います。

関連情報

【KAKERUブランドでよりよい人生をカケル】

初心者向けKAKERUアウトドアブランド

当サイトは3つのコンセプトで運営しています。


1. キャンプなどのアウトドア用途だけではなく防災にも手軽に備えるコンパクト性などの機能性を兼ねた商品を安心の長期1年保証付帯でお届け…をコンセプトにしているKAKERUアウトドア専用ブランドを販売。

2. 主に初心者向けに分かりやすくキャンプでのマナーや盗難対策などアウトドアに関する情報発信。

3. ひとり事業・聴覚障害・手話や趣味の旅行などの専門分野を『実体験』『経験』をもとに情報発信。

サイト運営者 高度の聴覚障害者【カケル】
E-mail【お問合わせ】 info@kakeru-outdoor.shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

SNSリンクは下のアイコンからどうぞ

 

サイト運営者カケル