初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

貸借対照表【B/S】とは何か?たった1つのポイントで理解出来ます

Category: Tags:

教えている人

 

ひとり事業だからこそ貸借対照表を理解して、失敗しないお金管理を

この記事を読むための時間:3分

ひとり事業の場合、覚えることが沢山ありますよね?なので経理士1級を取得している僕が1つのポイントで分かりやすく貸借対照表について書きました。

 

この記事を読むことで貸借対照表を理解することが出来ます

 

 

貸借対照表とは財政状態を表しています

 

 

・財政は経済とも言います。

 

・経済は分かりやすく言いますと、お金のやりくりです。

 

 

つまり

 

・貸借対照表とはお金のやりくり表です。

 

 

身近なモノだと家計簿がイメージしやすいじゃないでしょうか。

 

 

貸借対照表を掘り下げていきます

 

貸借対照表

 

貸借対照表はバランスシート【B/S】とも言います。貸借対照表は語呂が長いので、【B/Sビーエス】と言っている方が多いと個人的に思います。

 

 

貸借対照表は

 

 

①・資産…会社や個人が持っている財産で、将来に渡って売上(収益)を得るために必要な科目。【用益潜在力】

 

 

②・負債…資産を手に入れるための元手。他人資本と言い一定期間毎に元金と利息を返済しなければいけません。イメージしやすいのが融資で、つまり借金です。

 

 

③・純資産…負債と同じく資産を手に入れるための元手。自己資本と言い原則的に返済しなくてもよい。投資を受けた立場で資本と言います。

 

 

 

の3つがあります。

 

 

ざっくり資産は財産、負債は借金、純資産は資本と理解していただけたら間違いないです。

 

 

①財産である資産

 

 

資産はさらに3種類に分類されます。

 

流動資産1年以内にお金になるものです。文字通り流れている流動なので1年以内に資産がお金になるものを言います。

・現金

 

・預金

 

・受取配当金…株主などの配当金

 

・売掛金…売上に対して将来的に金銭を受け取る権利

 

・短期貸付金 他

 

 

固定資産1年以上かかってお金になるものです。文字通り固定の資産なので1年以上に資産がお金になるものを言います。

 

さらに分けると、

 

形のある有形固定資産と形のない無形固定資産があります。

・土地(有形固定資産)

 

・建物(有形固定資産)

 

・ソフトウェア(無形固定資産)…ウェブサイト作成費・研究開発費など

 

・車(有形固定資産)

 

・長期貸付金(有形固定資産) 他

 

 

繰延資産…繰延資産は5つあり代表的なのが、開業費です。交通費やスマホ通信費などの事業にかかった費用は原則繰り越すことは出来ませんが、開業日までにかかった事業に関する費用は例外的に繰延資産の開業費として繰り越すことが出来ます。

 

なので、例えば利益が多く出た年に3年前に払った開業費を計上して、税金を減らす節税効果があります。この知識を知っているだけで支払う税金が少なくなりますのでオススメです。

 

 

②借金である負債

 

 

負債も資産と一緒で流動性と固定性に分かれます。

 

流動負債

・買掛金…仕入に対して将来的に金銭を支払わなければならない義務

 

・未払金

 

・短期借入金 

 

 

固定負債

・社債…投資家からお金を集める時に発行する証明書。

 

・長期借入金 

 

 

③資本である純資産

 

 

純資産はおおまかに2つに分類されます。

 

 

株主資本…株主から集めたお金。資本金など

 

 

株主資本以外…今までの利益を積立てたお金。利益剰余金など

 

 

湖と緑の景色
景色を見て少し休憩いかがですか?

 

 

各書類のデータリンクはこちらにまとめています

国税庁バナー画像

国税庁トップページは上のバナーからどうぞ。

 

 

青色申告の貸借対照表の作成について詳しくはこちら

 

 

最後にまとめポイントをおさらい

 

この記事をまとめますと

 

 

・貸借対照表は分かりやすく言いますと、お金をやりくりした表で身近なモノだと家計簿がイメージしやすい。

 

・貸借対照表は財産の資産・借金の負債・資本の純資産の3項目がある。

 

 

これだけ理解したら十分だと思います。

 

あまりに深く勉強したら、本業の方に支障が出てしまうのでこのレベルでいいと思います。

僕は普段の収支はエクセルで管理して確定申告のみ税理士に依頼しています。収支の性質を理解して管理してデータ管理出来たら問題ないです。最後の手間がかかる確定申告は税理士に任せましょう。

 

 

ひとり事業でこれだけは知っておきたい記事はこちら

【経験談】事業を始める上で損しないために押さえておきたい2つのポイント

どうでしたでしょうか?ひとり事業をするにあたって経理士1級の知識を活かした貸借対照表について書きました。この記事を参考にして1人でも多くの方がステップアップ出来たら嬉しいです。
また、分からないことや気になる質問等があれば気軽にコメントよろしくお願いいたします!

関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

SNSリンクは下のアイコンからどうぞ

 

サイト運営者カケル