初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

バーベキューの人数と適切な食材量について徹底解説!

Category: Tags:

バーベキュー,人数,食材

バーベキューの人数と適切な食材量について

この記事を読むための時間:3分

バーベキューを行う際、用意するべき食材の量が分からず、余ってしまったり、足りなかったりした経験があるという方も少なくありません。

 

そこで今回は、バーベキューで必要な食材を用意する際の適切な量を詳しく紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

バーベキューにおすすめの食材

 

 

まずは、バーベキューにおすすめの食材をいくつか紹介します。

 

 

鶏肉:もも肉などを使用した焼き鳥

 

豚肉:スペアリブ・ウインナーやベーコンなどの加工肉

 

牛肉:ステーキなど

 

魚介類:魚(鮭などの生魚や干物)・貝(ホタテや大アサリなど)・エビ・イカ

 

野菜類:かぼちゃ・玉ねぎ・ナス・ピーマン・キャベツ・じゃがいも・とうもろこし・アスパラなど

 

キノコ類:しいたけ・エリンギなど

 

 

上記以外にも、ホットドック用のパンや焼きおにぎりなどの食材もおすすめです。

 

また、焼きマシュマロや焼きいちごなど、手軽に楽しめるデザートもありますので、マシュマロ・いちご・チョコレートソース・メープルシロップなどのスイーツの材料も用意しておくとお子様や女性の方にも喜ばれます。

 

 

バーベキューを行う人数分の食材量は性別・年齢や1人分の量から考えよう

 

 

バーベキュー

 

 

バーベキューに必要な食材は、1人あたりの量を性別や年齢などを考慮して、買い出しを行うのがベストです。

 

食材が足りない、食材が余りすぎてしまったなどの失敗を避けるためにも、ここで食材の適量を把握しておきましょう。

 

 

肉類だけの場合

 

 

肉類のみのバーベキューの場合、1人あたりの食材量は以下の通りです。

年齢 性別 肉類の量
12歳以下・60歳以上 男性 400g
女性 250g
13歳〜59歳 男性 500g
女性 350g

 

 

とはいえ、男性の場合はお酒を飲みながら、女性の場合はサイドメニューやデザートも楽しみながら肉類を食べる方が多いです。そのため、男性の場合は1人300g、女性の場合は1人200gを目安に考えるのがベストでしょう

 

 

肉類と魚介類の場合

 

 

肉類に加えて魚介類も用意する場合、1人あたりの食材量の目安は以下のようになります。

年齢 性別 肉類の量 魚介類の量
12歳以下・60歳以上 男性 200g 100g
女性 150g 100g
13歳〜59歳 男性 300g 200g
女性 200g 150g

 

 

サザエや大アサリなどの貝類は、貝殻の重さを引いて計算することを忘れないように注意してください。

 

 

肉類+野菜類+〆ご飯の場合

 

 

肉類に加え、野菜類と〆のご飯を用意する場合、1人あたりの食材量の目安は以下の通りです。

年齢 性別 肉類の量 野菜類の量 〆ご飯の量
12歳以下・60歳以上 男性 200g 100g 50g
女性 150g 100g 50g
13歳〜59歳 男性 300g 150g 100g
女性 200g 150g 50g

 

 

バーベキューの定番ともいえる食材の組み合わせです。

 

とある調査によると、バーベキュー利用者の約6割は、このような組み合わせでバーベキューを楽しんでいるという結果になっています。そのため、こちらの量を参考に食材の買い出しを行うのが無難といえます。

 

 

肉類+魚介類+野菜類+〆ご飯の場合

 

 

肉類だけではなく、魚介類や野菜類、〆ご飯のバーベキューを行う場合、1人あたりの食材量の目安は以下のようになります。

年齢 性別 肉類の量 魚介類の量 野菜類の量 〆ご飯の量
12歳以下・60歳以上 男性 100g 50g 50g 50g
女性 100g 50g 50g 50g
13歳〜59歳 男性 200g 100g 100g 100g
女性 150g 50g 100g 50g

 

 

バーベキュー上級者の方におすすめの組み合わせとなっています。食材の量も細かくなることから、会社行事やイベントなど、団体でバーベキューする場合におすすめです。

 

 

肉類+魚介類+野菜類+〆ご飯+デザートの場合

 

 

バーベキューの定番ともいえる、肉類・野菜類・〆ご飯に加え、魚介類とデザートを用意する場合の1人あたりの食材量目安は以下のようになります。

年齢 性別 肉類の量 魚介類の量 野菜類の量 〆ご飯の量 デザートの量
12歳以下・60歳以上 男性 100g 50g 50g 50g 50g
女性 100g 50g 50g 50g 100g
13歳〜59歳 男性 200g 100g 100g 50g 100g
女性 150g 50g 100g 50g 150g

 

 

いろいろなものを少しずつ楽しみたい方に喜ばれる組み合わせです。

 

 

調味料の目安

 

 

これまで、1人あたりの食材量を紹介してきましたが、調味料の目安量はどのようになっているのでしょうか。

 

 

焼肉のタレ:肉類300gあたり50g

 

塩コショウ:10人ごとに1本

 

その他:食材100gあたり20g

 

 

バーベキューで用意する食材量と、調味料の目安量とを照らし合わせて買い出しすると失敗しないためおすすめです。

 

 

バーベキューの時に使う薪と炭の違いは知ってますか?

バーベキューに使うのは炭?薪?違いと使い方を解説

 

 

人数に適切な量の食材を用意してバーベキューを楽しもう!

 

 

人数に適切な量の食材を用意するためには、1人分の目安量から考えるのがおすすめです。

 

よく知れた仲であれば、その人がどのくらい食べるのかが分かるため、どのくらいの量を揃えればいいのか悩むことは少ないことでしょう。

 

しかし、団体のバーベキュー、特に初対面の方が集まるものですと、どのような人が揃うのか分からないため非常に難しいです。そこで、今回紹介した食材量を参考に、買い出ししてみてください。

関連情報

【KAKERUブランドでよりよい人生をカケル】

初心者向けKAKERUアウトドアブランド

当サイトは3つのコンセプトで運営しています。


1. キャンプなどのアウトドア用途だけではなく防災にも手軽に備えるコンパクト性などの機能性を兼ねた商品を安心の長期1年保証付帯でお届け…をコンセプトにしているKAKERUアウトドア専用ブランドを販売。

2. 主に初心者向けに分かりやすくキャンプでのマナーや盗難対策などアウトドアに関する情報発信。

3. ひとり事業・聴覚障害・手話や趣味の旅行などの専門分野を『実体験』『経験』をもとに情報発信。

サイト運営者 高度の聴覚障害者【カケル】
E-mail【お問合わせ】 info@kakeru-outdoor.shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

SNSリンクは下のアイコンからどうぞ

 

サイト運営者カケル