初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

ソロキャンプの総重量は移動手段で異なる!?必要な道具も紹介!

Category: Tags:

ソロキャンプ,総重量

ソロキャンプの総重量について

この記事を読むための時間:3分

今回は、ソロキャンプの総重量について紹介します。

 

ソロキャンプは、自然を満喫しながら自分のスタイルで気軽に楽しめるアウトドアですが、初心者の方は何から初めたらいいのか分からない方も多いでしょう。そこで今回は、ソロキャンプの総重量を踏まえながら、準備した方がいいものと必要な道具について紹介していきます。

 

 

ソロキャンプの総重量はどのくらい?

 

 

ソロキャンプを行う際の適した総重量は、移動手段によって異なります。

 

電車や徒歩がメインになるのであれば、道具のコンパクト化・軽量化を考えなければなりません。また、バイクや車での移動であれば、持ち運びしやすいかどうかが鍵となります。

 

そのため、電車や徒歩であれば「10kg未満」、バイクや車の場合は「15〜25kg程度」という方が多いです。この総重量を目安に、道具を揃えていくのがおすすめです。

 

 

ソロキャンプの移動手段

 

 

ソロキャンプを行う際、道具を揃える前に考えなければならないのが、「移動手段をどうするか」ということです。

 

では、道具選定のポイントを踏まえて、移動手段の方法を紹介します。

 

 

電車+徒歩

 

電車+徒歩でソロキャンプをする場合、道具を揃える前にバックパックの購入をおすすめします。

 

なぜなら、道具を揃えだすと、あれもこれも欲しくなってしまい、荷物が多くなってしまうからです。

電車+徒歩のソロキャンプでは、総重量の軽量化がポイントとなります。

 

かさばるものや重たいものが多いと、移動だけで疲れてしまいます。そのため、収納サイズや重量に着目して、バックパックを選んでください

 

 

バイク

 

 

積載制限のあるバイクでソロキャンプを行う場合、なるべく軽量な道具を選定し、コンパクトに収納できるようにすることがポイントです。

 

重たいギアを最下部にして重心を踏まえた積載、サイドバックを併用するといった工夫をするのがおすすめです。また、雨天時のことも考え、走行時に役立つ防水対策も合わせて行っておくのがベストです。

 

 

 

 

車でソロキャンプを行う場合、積載スペースをめいいっぱい使用できるため、大きなものや重たいものでも積めるといった利点があります。

 

そのため、道具を選ぶ際の自由度が高いという特徴があります。とはいえ、中には車に乗り入れできないキャンプサイトも存在するため、現地での移動を踏まえながら道具を選定するのがおすすめです。

 

 

ソロキャンプの準備とは?必要な道具も紹介!

 

 

アウトドアを楽しむ人

 

 

ソロキャンプは、時間に追われることなく、思い立ったらすぐ行動できる手軽さが魅力です。

 

では、どのような準備を行い、どのような道具を揃えればいいのでしょうか

ここでは、ソロキャンプの準備と必要な道具を紹介します。

 

 

準備するもの

 

 

ソロキャンプを行う際、最初に決めることは移動手段をどうするかということです。

 

なぜなら、「電車+徒歩・バイク・車」などの移動手段で、道具が制限されるからです。次に、自分のスタイルに合った必要最低限の道具を選定・購入します。このとき、車以外の方法で移動する場合は、軽量化・コンパクト化が重要となります。

 

道具の選定・購入が完了したら、次はキャンプ場を選びます。初めてソロキャンプを行う場合、現地で何か困ったことがあればすぐに相談できるような、環境が整っているキャンプ場のソロサイトや管理人が24時間駐在しているキャンプ場がおすすめです。

 

初めてのソロキャンプでは、上記3つの準備を行います。また、初めてのソロキャンプでスムーズにテントを張れるか心配という方は、広場や公園などで予行練習をしておくのがおすすめです。試し張りをすることで、大きな自信に繋がり、道具の取捨選択のイメージができます。

 

 

最低限必要な道具とあったら便利な道具

 

 

ソロキャンプをするにあたり、最低限揃えておきたい道具は、以下の通りです。

 

 

・テント

・シュラフ(寝袋)

・マット

・ミニテーブル・チェア

・キッチン道具(クッカー・バーナーなど)

・ランタン・ヘッドライト

 

 

上記の道具をベースとして、自分のスタイルに適した道具を選定してください。

 

 

併せてキャンプに必要な道具の記事はこちらから

【アウトドア初心者必見】キャンプでまず揃えるものを目的別にご紹介

 

 

ソロキャンプ用品選びのポイントはいかに総重量の軽量化

 

 

いかがでしたでしょうか。ソロキャンプを行う際、移動手段によって総重量は異なります。とはいえ、ソロキャンプのスタイルに正解はありません。そのため、自分好みのアイテム、自分に適したアイテムを見つけてください。

関連情報

【KAKERUブランドでよりよい人生をカケル】

初心者向けKAKERUアウトドアブランド

当サイトは3つのコンセプトで運営しています。


1. キャンプなどのアウトドア用途だけではなく防災にも手軽に備えるコンパクト性などの機能性を兼ねた商品を安心の長期1年保証付帯でお届け…をコンセプトにしているKAKERUアウトドア専用ブランドを販売。

2. 主に初心者向けに分かりやすくキャンプでのマナーや盗難対策などアウトドアに関する情報発信。

3. ひとり事業・聴覚障害・手話や趣味の旅行などの専門分野を『実体験』『経験』をもとに情報発信。

サイト運営者 高度の聴覚障害者【カケル】
E-mail【お問合わせ】 info@kakeru-outdoor.shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

SNSリンクは下のアイコンからどうぞ

 

サイト運営者カケル