初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

バーベキューの炭の選び方を紹介!種類と注意点

Category: Tags:

炭

バーベキューの炭の選び方について

この記事を読むための時間:3分

炭には複数の種類があり、バーベキューで使う際は火がつきやすく調理に向いた炭を選ぶことが肝心です。

 

この記事では、炭の種類とバーベキューに適した炭の選び方について解説します。バーベキュー初心者向けにぴったりな炭を中心に紹介しますので、ぜひ本記事を参考に炭を選んでください。

 

バーベキューの炭の種類

 

バーベキューでよく使用される炭の種類は

 

 

・黒炭

 

・成形炭

 

・オガ炭

 

・白炭

 

 

です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

 

黒炭(こくたん・くろずみ)

 

 

黒炭

 

 

黒炭はマングローブやクヌギ、ナラなどの木材をもとに作られています。

 

比較的価格が安くて火がつきやすく、バーベキュー初心者に向いています。燃焼時間が短いため、長時間使うときは十分な量を用意してください。

 

 

成形炭(せいけいたん)

 

 

成形炭
出典元 成形木炭 ウィキペディア(Wikipedia)

 

 

オガ屑などを加圧成形して炭化し、粉状にしてから固形化した炭です。

 

着火剤を使わなくても火がつく着火加工型成型炭が有名です。火加減も調整しやすいことからバーベキューでよく用いられます。

 

 

オガ炭(大鋸炭・おがたん)

 

 

オガ炭
出典元 成形木炭 ウィキペディア(Wikipedia)

 

 

オガ炭は成形炭の一種ですが、四角形や六角形をしており真ん中に穴が開いています。

 

火がつきにくいというデメリットがありますが、火力が安定しています。火持ち重視の人におすすめです。

 

 

白炭(はくたん・しろずみ)

 

 

白炭
出典元 白炭 ウィキペディア(Wikipedia)

 

 

ウバメガシという常緑広葉樹から作られた炭で、表面が白く見え、備長炭とも呼ばれています。

 

着火が難しく、環境が悪いとすぐに火が消えてしまいます。しかし、燃焼時間が長いためじっくり調理するのに向いており、バーベキュー上級者向きです。

 

 

バーベキューの炭の選び方

 

 

バーベキューの炭を選ぶときは、以下の3点を中心に選ぶと失敗しません。

 

 

着火しやすさ

 

 

バーベキュー初心者は着火しやすい炭を選ぶのがおすすめです。

 

着火のしやすさは炭の種類によって異なります。一般的に着火しやすいのは黒炭です。また、成形炭の着火加工型成型炭はマッチやライターを使えば火がつくので、慣れていない人でもすぐに調理を始められます。

 

 

火の粉や煙の出にくさ

 

 

成形炭など火の粉が舞いにくい炭を使用すると、小さい子どもが参加するバーベキューでも安全に使えます。また、自宅の庭でバーベキューをするときは、においや煙がたくさん出ると近隣に迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

においや煙が出にくいオガ炭や白炭などを使いましょう。黒炭については、マングローブを使ったものは煙が出やすいですが、ナラやクヌギを使ったものなら煙が出にくいです。

 

 

⽕⼒

 

 

火力も炭の種類によって違いがあります。強い火力で短時間のうちに調理するのであれば黒炭がおすすめです。

 

一方、ゆっくり時間をかけて調理するのであれば、オガ炭や白炭です。

 

 

バーベキューの炭選びで気をつけたいこと

 

 

一般的にバーベキューで必要な炭の量は大人ひとりにつき1kgです。

 

炭の種類によっては火の持ちや火力が異なるので少し多めに用意しておいたほうがいいでしょう。炭は使用しなければ次回のバーベキューでも使えます。ホームセンターに行くと3kgや6kgなどの箱で販売されているので、多めに買っておくと安心です。

 

バーベキューに慣れてくると火力や着火のしやすさなどが感覚で分かってきます。複数の炭を組み合わせて使うなど、こだわりの調理方法ができるようになるかもしれません。慣れたら炭の選び方を見直してみるといいでしょう。

 

 

他に焚き火をする上での注意しておきたいポイントは下の記事から

焚き火に関する法律とは?自宅や河原で焚き火やBBQするのはOK?

他に炭の捨てる方法は下の記事から

バーベキューの炭の捨て方を解説!安全に捨てるには?

使いやすい炭を選ぼう

 

 

バーベキューでよく使用される炭の種類は黒炭、成形炭、オガ炭、白炭です。

 

火のつけやすさや火の粉・煙の舞いにくさ、⽕⼒に着目して炭を選ぶと、初心者でもすぐに着火でき、調理をスタートできます。炭の種類によって特徴が違うので、黒炭や成形炭など使いやすい炭から試してみるのがおすすめです。ぜひ自分にあった炭を選んでください。

関連情報

【KAKERUブランドでよりよい人生をカケル】

初心者向けKAKERUアウトドアブランド

当サイトは3つのコンセプトで運営しています。


1. キャンプなどのアウトドア用途だけではなく防災にも手軽に備えるコンパクト性などの機能性を兼ねた商品を安心の長期1年保証付帯でお届け…をコンセプトにしているKAKERUアウトドア専用ブランドを販売。

2. 主に初心者向けに分かりやすくキャンプでのマナーや盗難対策などアウトドアに関する情報発信。

3. ひとり事業・聴覚障害・手話や趣味の旅行などの専門分野を『実体験』『経験』をもとに情報発信。

サイト運営者 高度の聴覚障害者【カケル】
E-mail【お問合わせ】 info@kakeru-outdoor.shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初心者向けKAKERUアウトドアブランド 主に初心者向けにアウトドアと防災に使える商品と情報を発信。1年保証がありお客様に安心していただけるポイント

SNSリンクは下のアイコンからどうぞ

 

サイト運営者カケル